犬を飼っていると気になるのがやっぱりドッグフード。

値段が安いにこしたことはありませんが、犬種ごとの栄養バランスや成長具合によっても、変えた方が健康によいといえます。

 

ドッグフードのタイプ

  • ドライフード(硬め)
  • ソフトドライフード(しっとりタイプ)
  • セミモイストフード(やわらかめ)
  • ウェットフード(かなりやわらかい)

大きくこの4種類に分類されます。

 

最も人気が高いのは、ドライフードでしょうか。
メリットとしては、安くて保存がきくこと。
乾燥しているので長期保存が可能なことですね。

 

ドライフード

そのため値段も安くバリエーションも豊富です。
また、硬めなことからしっかりと噛むことも、健康上にはいいですね。

 

デメリットとしては、栄養の問題です。
どうしても大量生産のものが多いので、原材料も安価なものや本来の食事ではない食材でつくられるものが少なくありません。

 

また長期保存のために、合成保存料なども大きなマイナスですね。
理想は自然の食事(肉)に近いウェットフードですね。

ただ多頭飼いや大型犬の場合は、エサ代ももバカになりません。
健康面の様子を見ながら、たまにウェットタイプを混ぜてあげるなんてのがおすすめです。

 

子犬、老犬、小型犬などの場合は、高品質の比率を多めにするのもおすすめです。

全部とはいわなくても質の良いドッグフードの比率を多めにすると、健康状態に直結しますからね。