犬・トイプードル・病気

 

トイプードルの気になる症状

愛犬トイプードルの調子がおかしい、愛犬の様子がおかしい・・・ 心配になりますよね。

トイプードルの寿命はトイプードル年くらいですが、ストレスや栄養バランス(ドッグフード)があわないと震えが発生することも。

そこでトイプードルに多いといわれる病名、症状を調べてみました。

トイプードルに多い病気

フランスが原産の小型犬なので、環境の違いもストレスになる場合もあります。

 

レッグペルテス

股関節の変形により、足を引きずったり足をあげている

膝蓋骨脱臼

後ろ脚の膝のお皿が外れたりずれて、歩き方がおかしい

外耳炎

耳垢の雑菌のにる炎症により、耳まわりをかゆがる

涙やけ

涙が多く出過ぎて、目の周りがよごれてしまう

気管虚脱

気管がふさがれ、呼吸が苦しくなる

 

など当てはまることがあれば、早めに動物病院で診察してもらってくださいね。

 

トイプードルの寿命

トイプードルの寿命は、だいたい16年です。
健康でも季節の変わり目や、加齢による老化による体調不良もありえます。

気になるようなら食事を変えて変化があるかを、チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

トイプードルに症状が見られたえら、早めに動物病院へ。
病気でなければ獣医師さんにアドバイスをもらいましょう。

トイプードルは16才になるコもいます。大切に長生きさせてあげましょう。

ただ元気がなかったり、老犬の震えの場合は、栄養価の高いドッグフードで状態がよくなる場合もあります。
成長段階や食いつきをみて、シニア犬用などを試してみるのもいいですね。